引っ越し 準備 手続き

効率的に引っ越しする方法

 

新しく住む部屋が決まったら、次は引っ越しの準備です。
一言で「準備」といっても、その中身はいろいろで、たとえば生活用品を揃えたり引っ越し業者を決めたり、そのほか電気・ガス・水道の手続きや郵便の転送依頼、住民票の移動、免許証その他の住所変更など、やるべきことは山積みです。

 

ただでさえ忙しい時期に、短期間で引っ越しの準備を進めるには、効率を上げるポイントを押さえて行動することが大切になります。

 

引っ越しの日程を決める

まず第一に、引っ越しする日を検討することになりますが、実際決定するとなると意外とスムーズに決めることは難しいものです。
金銭的に損がないのは、新居への入居日を家賃が発生しはじめる当日(鍵を受け取る日)にすることですが、現実には、今の住まいの退去日(実家の場合はともかく・・・)、自分の都合、引っ越し業者の手配などとの兼ね合いで、日程調整に悩む人は少なくありません。

 

なるべく損しないように入居日と退去日を決める

現在、実家住まいの人はともかく、賃貸物件に暮らしている人は、一般的には1ヶ月前までに大家さんに退去の旨を知らせる契約になっていると思います。
がしかし、新居への入居日との兼ね合いがあるので、退去日だけを先んじて決めるわけにはいきません。

 

重要なのは、入居日の調整をしつつ、退去日をできるだけ早めに決めることです。
判りやすく順序だててみると下記のような具合です。

 

@ 新居の入居審査に通った時点で、不動産屋さんに入居可能日を確認してください。この時点では入居日を確定せずに後日改めて連絡する旨を伝えておきます。

 

A @が済んだらスグに、いま住んでいる部屋の管理会社に連絡をとって退去したい旨を伝え、最短の退去可能日を確認します。通常、退去連絡は電話でOKですが、中には退去に関する書類が大家さんに届いてから1ヶ月後に退去可といった物件もあるので、注意が必要です。

 

B Aの時点で、電話連絡だけでOKなら、その場で退去日を確定します。また、書類が必要なら早急に書類を提出して退去日を確定させましょう。

 

C 新居の不動産屋さんに再連絡し退去日を知らせ、いつまで入居を待ってもらえるのか確認をとってください。金銭面での損得勘定だけを考えるなら、いまの部屋の退去日と新居の入居日つまり引っ越しする日が同一にするのが理想ですが、現実には日程の調整がつかなかったり、遠距離移動や荷物運搬の時間の都合で、日時を統一することは難しいかもしれません。
なので、

 

以上に加えて、引っ越しの最盛期、具体的には1月後半〜3月中旬は、引っ越し業者を都合よく手配できない可能性が高いので、そちらの調整も上手に行う必要があります。
うっかりすると、いまの住まいの家賃と新居の家賃とを二重に支払う期間が長引くこともあるので、慎重かつ早急にアクションを起こしてください。

 

よい引っ越し業者の選び方

近距離の引っ越しや荷物が少ない引っ越しなら家族や友人の手を借りて済ますことができますが、それなりの荷物をそれなりの場所まで運ぶとなると、やはり引っ越し業者に依頼するのが得策です。
ただ、ひとくちに「引っ越し」といっても、実は業者によって費用が大きく異なります。
また、同じ業者でも、引っ越し時期や目的地によって費用に違いが出ます。

 

実際に、複数回の引っ越し経験がある人が、前回利用した安い業者に頼もうと思って見積もりを取ったら、以前と比較してかなり料金が高かったため、別の業者に頼んだというケースは珍しくありません。

 

さらに、具体的なサービス内容によっても費用は変わってきます。
たとえば、引越しお任せパックと呼ばれるような、荷作りから荷解き・ダンボールの片付けまで業者に任れば、自分の手間がかからないぶん料金は高めになります。

 

では、良い引っ越し業者を見極めるためにはどうすればよいかというと、複数の業者の料金を比較することです。
同業他社から同じ条件で見積もりを取り(相(あい)見積もり)、最も条件の良いところを選びます。

 

ここで一つ、引っ越しの相見積もりを取る際のコツをお伝えします。

 

通常、引っ越し費用の見積りでは、一社一社の営業マンがそれぞれ下見に来て、荷物の量や種類を確認し、その場で見積もり書が出されます。
このとき、ほぼ全員の営業マンが「いま決めてくれたらこの金額ですが、後になるとわからない」と言って決断を追ってきます。

 

その状況を打破するために、同じ日、同一時間にすべての業者を呼んで、全ての見積もり書を確認して上で最も良い条件のところに決めるのです。
もし、時間の都合が合わない業者があれば、最低でも同日の別時間に見積もりさせ、その日の内に全ての見積もりが出揃うようにしてください。
そうしたら、各社さんの内容を確認してから回答したいので、夜まで待ってほしい旨を伝えてます。

 

こうすれば、一度に業者の対応ができるのであなたの手間が省けますし、費用総額だけではなく個別の内容もふまえて総合的に判断できるので有効な手段です。

 

見積もり内容で見るべきポイントは、たとえば配送代は安くてもエアコンの設置費用が高い、とか、荷物の総量制限を超えると割高な追加料金がかかるとか、付帯した条件がいろいろあるので、すべて確認してから決定しましょう。

 

もし、一時も待てないという業者がいたなら、そういう業者はたとえ料金が安くても断りましょう。
そもそも、会社の顔である営業マンの融通がきかないということは、実際の業務でもそれなりの対応しかできないということ!
だから、躊躇なく切ってください。

 

ちなみに、相見積もりの業者が2、3社だと、仮に1社の対応が悪ければ残りの1、2社から仕方なく決めることになってしまうので、相見積もりをお願いする業者の数は、5〜10社は欲しいところです。

 

「でも、複数の引っ越し業者に見積もりを依頼するだけでも大変・・・」と考える人は少なくないでしょう。
そんなときに便利なのが、引越し比較サイトです。
たとえば、テレビCMでもおなじみの引越し侍では、全国200社以上の中からあなたの条件に合った最大10社への見積もり依頼が、ワンクリックでできます。
登録している引っ越し業者は、最大手のアート引越しセンターから地元密着型の会社までさまざまなので、最も条件の良い引越し業者選びに最適です。

 

使い方は簡単で、サイトのフォームに、引越し先など数項目を記入してクリックするだけでOK。
わずかな時間で見積もり依頼が完了するので、ぜひ利用してください。

 

→引越し侍はこちら

 

引つ越し費用を安く抑えるコツ

引っ越し費用を抑えるためには、安い業者選びが重要なのは前述した通りですが、その他にも下記のようなポイントがありますので、可能な限り対応してください。

 

・1〜3月の繁忙期より閑散期のほうが安い
・移動距離が近い方が安い
・荷物の量が少ない方が安い(使用するトラックの大きさによって費用が変わるため)
・必要な作業員数が少ないほうが安い(荷物の搬出・搬入で2階から出し入れするなど特殊な場合)
・荷造りは業者に頼まず自分でやる方が安い

 

ここまでは当然のことですが、逆に言うと、時期や距離などはどうにもできない項目ですよね。
そこで、さらに次のポイントをお伝えします。

 

・大手の業者よりも小さい業者の方が安い(あくまでも一般的な見解で、時と場合によっては逆転することもあります。なので、相見積もりが必要なのです。)
・引っ越し日までの時間が長い方が安い
・引っ越し日の候補が多い方が安い日を選べる可能性が高い
・引っ越し日が平日の方が土日祝日よりも安い
・引っ越しの時間帯が早朝・夜間の方が昼間よりも安い
・サービス内容について、自分で細かく指定するよりも業者におまかせにする方が安い

 

もちろん、これらの条件を活用するには、自分に余裕がないとできません。
なので、入居が決まったらスグに業者を検討して、早めに引っ越し業者を手配することが大切です。

 

ちなみに、究極の節約として、小さな荷物や家具・家電はレンタカーを借りて自分で運び、冷蔵庫などの大型家電だけ引越し業者に頼むという方法もあります。
そうすれば、荷物を大幅に減らせ、作業員も最小限に抑えられるため、レンタカー代を含めても引越し費用を安く済ますことができます。
引越し侍に登録している業者なら、冷蔵庫1台だけの引っ越しも可能なので、問い合わせてみてください。